設備概要


【生産可能品種】
果汁飲料、清涼飲料水、リキュール、果実酒、ジャム・ゼリー等、他のラインに関する詳しい内容は、お問い合わせ下さい。



  充填特性 容器形態 ラベル&その他 荷姿/換算(c/s) 稼働時間
瓶ライン ホットパック 200ml瓶
500ml瓶
720ml瓶
55×130mm
70×115mm
90×153mm
30本c/s
12本c/s
6本c/s
8時間
8時間
8時間
缶ライン ホットパック
レトルト
160g
190g
250g
【200径、
スリーピーススチール缶】
  30本c/s 8時間
8時間
8時間
缶ライン ホットパック 190g
【200径、
スリーピーススチールフルオープン缶】
  30本c/s 8時間

  充填能力 日産能力(c/s) 生産可能商品 備考※1
瓶ライン 80bpm
30bpm
20bpm
1,000
1,000
1,400
果汁飲料
黒酢飲料
梅酒
使用水→軟水 果汁・黒酢・梅酒 2,000リットル×2基
シロップ調合 濾過機×1基
缶ライン 330bpm
330bpm
330bpm
5,000
5,000
5,000
果汁飲料
お茶
コーヒー
使用水→軟水 果汁・お茶・コーヒー シロップ調合
4,000リットル×2基 抽出機×1基 濾過機×1基
缶ライン 200bpm 3,000 果汁飲料 粒充填機


冷凍設備 3庫(-18℃)…1庫につき200tの梅を保管可能
製品倉庫 1パレット棚管理可能な自動倉庫400パレット分
パレット積み上げ可能スペース…缶飲料(30本入り)10万ケース分

 

 

上記の資料をpdfにて印刷できます。
設備概要pdf版

 

設備概要pdf版を印刷するには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerダウンロードはこちらから(無償)

adobe readerダウンロード